丸岡城



丸岡城の歴史を訪ねる。
P1000323.JPG


丸岡城
P1000322.JPG


丸岡城天守閣
P1000325.JPG


丸岡城
P1000327.JPG


丸岡城の模型
P1000331.JPG


資料館
P1000330.JPG



「丸岡城」
通称: 霞ヶ城

城郭構造: 連郭式平山城

天守構造: 独立式望楼型 2重3階(建造年不明 木造 現存)

築城主: 柴田勝豊

築城年: 1576年(天正4年)

主な城主: 本多氏、有馬氏

廃城年: 1871年(明治4年)

遺構: 現存天守、移築門、石垣

指定文化財: 重要文化財(天守)


丸岡城は、福井平野丸岡市街地の東に位置する小高い独立した丘陵に築かれた平山城である。

近世に、山麓部分が増築され、周囲に五角形の内堀が廻らされていた。

天守が現存する日本国内12箇所の城郭(現存天守)の一つである。城跡に現存する建築は

天守のみで、国の重要文化財に指定されている。その他、石垣が現存している。移築現存

する建物として、小松市興善寺およびあわら市蓮正寺に、それぞれ城門、丸岡町野中山王の

民家に、不明門と伝わる城門がある。ほかに土塀が現存する。五角形の内堀は現在埋め立て

られているが、この内堀を復元する計画が浮上している。

「霞ヶ城」の名の由来は合戦時に大蛇が現れて霞を吹き、城を隠したという伝説による。



日本の「城」巡りTOP








posted by oojijisun at 09:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。